湿疹や金属アレルギーのかゆみを何とかしたい!

湿疹が慢性したものを「慢性湿疹」といいます。

 

「水疱」や、皮膚が小さく隆起した「丘疹(きゅうしん)」、
「紅斑(こうはん)」などの急性の皮膚症状が起きたとき、
そのかゆさに耐え切れずにかき壊してしまうと炎症が長引きます。

 

すると、イッチ・スクラッチサイクルが回りだし、
何年も治らない状態になってしまうのです。

 

また、金属アレルギーのように、頑固なアレルギーが、
慢性湿疹の原因になることもあります。

 

さらには、単なる虫さされをかき壊してしまい、
毎日カサブタをとるなどしていると、
慢性湿疹になることもあります。

 

イッチ・スクラッチサイクルが回りだす前に、
かゆみから解消されるよう、
治療をすること、原因を取り除くことが必要です。

 

しかし、慢性湿疹では原因も分かりにくいため、
かかる医師によってはなかなか治らないということも少なくないのです。

 

金属アレルギーというと、皮膚と金属が直接触れている部分がかぶれ、
炎症を起こす症状を思い浮かべる人が殆どだと思います。

 

ですがこれは、「局所性金属アレルギー」と呼ばれているものです。

 

金属アレルギーには、「全身性金属アレルギー」があります。

 

この全身性金属アレルギーは、とても厄介です。

 

全身性金属アレルギーの原因は、
食べ物や飲み物に含まれる金属や、歯科治療で埋め込まれた金歯や銀歯、
骨折などの外科治療で埋め込まれたボルトの金属が溶け出すことが
原因になります。

 

これらの金属が体内を駆け巡るので、
全身に、痒疹という虫さされのようなたくさんのしこりや
じんましんのような紅斑ができたり、
手のひらや足の裏に小さな水疱ができるなどします。

 

痒疹は、ぱっと見た感じは、酷い虫刺されのように見えます。

 

激しいかゆみを伴い、痒疹臥たくさんできてしまうと、
皮膚は固く厚くなります。

 

皮膚が固く厚くなっているということは、
NGFがたくさん出ていて、
神経の末端も表皮の中に伸びてしまっているので、
皮膚はとても痒い状態にあります。

 

さらに、イッチ・スクラッチサイクルが常時回っていて、
インターロイキン1やTNF-αも分泌され、
ヒスタミンやサブスタンスP、プロスタグランジン(PG)
などの成分も大量に放出されています。

 

このような最悪な状態に辛いかゆみを伴う慢性湿疹の状態を、
「慢性の炎症性細胞浸潤」といいます。

 

全身性金属アレルギーは、アトピーと誤診されやすく、
全身性金属アレルギーについて、
理解している皮膚科医や歯科医が少ないという現状もあるため、
もし、長年、手のひらや足の裏、全身性の湿疹に悩んでいるようであれば、
一度、全身性金属アレルギーを疑ってみると良いかもしれません。

 

金属アレルギーは、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患とは異なり、
IgE(免疫グロブリンE)の値が高くない場合が多いです。

 

このように、金属アレルギーのメカニズムが、
他のアレルギーとは少し違うということからも、
正しい知識を持った医師にかからないと
「金属アレルギーではありませんよ。」といわれてしまうこともあります。

慢性湿疹を治すには原因を除去する

原因がはっきりしている、
たとえば虫刺されなどによる皮膚疾患は、
治療法も単純明快です。

 

しかし、原因の分からない慢性湿疹の治療は、
一筋縄ではいかず、医師の技量が問われます。

 

まず、慢性疾患の場合は、イッチ・スクラッチサイクルを遮断することが
重要な課題となります。

 

そのため、ステロイドを使って炎症を抑える必要性も出てきます。

 

ですが、知識のない医師にかかると、
「ひとまず塗ってみてください。」と処方され、
なんとなく効いている気がして、いつまでも使い続け、
いずれ効かなくなり、どんどん強いステロイド剤に変えていく・・・
そんなことを繰り返す様になります。

 

これではいつまでたっても治らず、
患者さんの悩みも消えません。

 

そればかりか、副作用のリスクも高まってしまいます。

 

知識のある腕の良い医師であれば、ステロイドを使いながら、
原因療法を行うでしょう。

 

原因療法とは、その症状を引き起こす原因となっているものを突き止め、
それを除去する事です。

 

金属アレルギーであれば、どの金属に反応するのか、
その金属とは、日常生活のどこで接触するのかなどを探ります。

 

原因療法を行わないままに、原因不明のまま、
とりあえずステロイドを使っていたのでは、
ゴールは見えませんし、よくなったとしても、再発する事が多いでしょう。

慢性湿疹を食い止めるにはかかないこと!

イッチ・スクラッチサイクルをとめるためには、
とにかく「かかないこと」が必要です。

 

「かかないこと」を実現するためには、
ステロイドや抗ヒスタミン薬を用いる必要が出てくるでしょう。

 

痒疹の治療の際は、「重層療法」や「ステロイド含有テープ」を貼ります。

 

・重層療法

 

重層療法とは、ステロイドと他の外用薬を塗り重ねて使う方法です。

 

たとえば、ステロイド軟膏を塗り、その上に亜鉛化軟膏を貼り付けて、
その上から包帯で一晩固定するなどします。

 

・ステロイド含有テープ

 

ステロイド含有テープとは、
ステロイドがしみこませてあるビニールテープのようなものです。

 

このテープを貼り付けることで、
かきたくてもかくことができない状況を作ります。

 

このようにステロイドを患部に使い、
かけないように覆うことで、かき壊すことがなくなり、
徐々にNGFの分泌が減ります。

 

そうすれば神経線維も退縮し、
ヒスタミンのレセプターは、正常な表皮と真皮の境界部分まで
戻るでしょう。

 

とにかくかくことをやめれば、サブスタンスPなどの
化学伝達物質も放出されなくなりますし、
炎症性細胞湿潤も減り、肌の状態も、キレイになります。

 

原因が除去できてこそ「治癒」であり、
その原因を取り入れなければ再発もありません。