ステロイドと原因療法が大切

近年は、日本皮膚科学会の啓蒙活動によって、
あまり根拠もないのに、「ステロイドは使いたくない!」
と、頑なにステロイドを拒否する患者さんが少なくなってきました。

 

ですが、やはり「できることなら使いたくない。」
という患者さんが多いのも事実です。

 

もちろん、使わなくても良い状態であれば、使わないほうが良いですし、
使わなくて良いでしょう。

 

しかし、イッチ・スクラッチサイクルが慢性的に回っているような状態で、
常にかゆみがあり、肌がジクジクしてしまったり、
滲出液が止まらなくなっているような状態になっているときは、
どうしてもステロイドが必要であるといえるでしょう。

 

そして、このような状態になってしまったときは、
ステロイドを使うだけでなく、原因を探ることが重要です。

 

ステロイドだけを処方し、「とりあえずこれを塗っておけば治るかな?」
と言う医師には、注意してください。

 

原因療法を行い、原因を除去しなければ、
アトピーは治りません。

脱ステロイドも問題

ステロイドは、怖いと言う考えを持ち、
リバウンドやその先のことを無視して、
患者さんからステロイドを取り上げる医師にも注意が必要です。

 

重症アトピーの患者さんから、急にステロイドを取り上げれば、
リバウンドが起こることは確実です。

 

そして、生活に支障をきたし、イッチ・スクラッチサイクルが
再び回り始め、さらに強い症状に悩まされることになるでしょう。

 

また、医師だけでなく、民間ビジネスにも、
脱ステロイドをうたうものがあります。

 

効果がはっきりしない健康食品やサプリメント、漢方薬、
アトピーに効く水など、高い値段で売りつけたりするものは、
要注意です。

アトピー治療のゴールとは

アトピー治療のゴールは、
ステロイドを使わなくても良い状態にすることです。

 

症状が強いときにはステロイドを適切に利用し、
同時に原因療法をきちんと行いながら、
アトピーの治療をしていくことが必要です。

 

アレルギーやかゆみのメカニズムをきちんと理解している医師は、
診療を行いながら、ステロイドを弱いものに変えたり、
強いものに変えたり、使用回数を減らしたり増やしたりしながら
患者さんのアトピーときちんと向き合うはずです。

 

そして、徐々に弱いものにかえ、回数を減らし、
最終ゴールでは、ステロイドがいらない状態にしてくれます。

 

アトピーは原因が複雑であり、精神的な問題も関与するため、
皮膚科医外の専門分野が治療に必要なこともあります。

 

そのため、精神科の診察が必要になったり、
治療までに時間がかかり、患者さんのなかには
「いつまでたっても治らない!」と落胆してしまう人もいます。

 

確かに、アトピーのゴールは見えにくいです。

 

しかし、ゴールはあります。

 

長期間付き合っていける、信頼できる医師を探し、
適切な治療を受けることで、必ずゴールは見えるのです。