対症療法

アトピーの対症療法では、皮膚がただれていて
かゆみがあるような状態の時は、ステロイドを用います。

 

ステロイドを用いて消炎を図ることがとても重要です。

 

また、ステロイドのほかにも、
「タクロリムス(プロトピック軟膏)」も用いられます。

 

引っかき、かき壊してしまった皮膚や
目の周りに使用することはできません。

 

ですが、タクロリムス(プロトピック軟膏)は、
慢性的なアトピー性の炎症に対して、
多彩なメカニズムを介して効く、効果が期待できる薬です。

 

タクロリムス(プロトピック軟膏)は、
軸索反射やサブスタンスPの働きをブロックします。

 

また、イッチ・スクラッチサイクルを抑制したり、
NGFの分泌も押さえ、かゆみ過敏を緩和する効果もあります。

 

ただし、塗ると、火照り感を感じたり、
ピリピリとした痛みを感じることがあります。

 

しかし、このピリピリとした感じは、
痛みがかゆみのパルスを抑制すると言うメカニズムが働いています。

 

免疫抑制剤の一種なので、なかなか効果的に使うのが難しく、
不勉強な医師の下で使うと、ピリピリ感や火照り感だけが目立ってしまい、
患者さんが、その薬を塗ったときの違和感を訴えると、
「じゃあ、やめましょう。」と言って、効果が出る前に
薬をやめてしまい、結局、治らないままということも少なくありません。

 

また、継続的に、安易に使いすぎれば、
ヘルペスやニキビなどの感染症が副作用として起こることもあるので
注意が必要です。